toggle
アミュレットは情報の技術でお客様に貢献します。

沿革

アミュレット株式会社 沿革

1993 前身となる「株式会社市川充商店」設立。
コンピュータ関連機器及びソフトウェアの開発・販売を開始。
東京都千代田区外神田1丁目に店舗名「アミュレット」を開設。
1996 本部を現在地に移転、システムインテグレーション事業を開始。
2000 会社名を変更「アミュレット株式会社」とする。
Macintoshで動作するLinuxディストリビューションである「LinuxPPC」の日本語版を開発・発売。
2005 Linuxが動作するTouch Panel PCである「Slate touch for Linux」を発売。
2010 フェールオーバクラスタシステム「Intensive Server」を発売。

「アミュレット」は、1980年代のUNIXに広く普及していたロールプレイングゲーム「Rouge」からとっています。このゲームは、地下の深いところにあるという「イェンダーの魔除け」(The Amulet of Yendor)を入手し、再び地上に生還するというものです。
現実世界のコンピュータの「魔除け」となり、システムづくりに貢献していこうという願いが込められています。