iMac Pro (2017)と同じ10Gb EthernetがMacBook Proでも使える?アミュレットの10Gネットワークアダプターが新しくなりました!

ノートパソコンから10Gネットワークに接続したいと思ったことはありませんか?

10月末にアップルの新製品発表会がありました。今回アップデートしたアップルのMacBook Airには、Thunderbolt 3が搭載されており、外部接続できる機器の幅が大きく広がってきています。Thunderbolt 3は圧倒的な性能の高さと、USB Type-Cのコネクタ形状で様々な機器との互換性を持つところが、昨今のWindowsノートPCでも採用される要因かと思います。

いまやアップルに限らず、ノートパソコンのメーカー(Dell、HP、Lenovo、ASUS、Panasonicなど)の最新機種にはThunderbolt 3ポートが標準で付いてくるようになりました。新興HUAWEIのMateBook X Proにも搭載されていますね。こういった薄型化しても性能が上がってきているノートパソコンは、最新のタブレットと比較してもかなり魅力的です。

Thunderbolt 3を使ってできることの代表格は、4K・5Kの映像出力や、高速なストレージとの接続でしょう。英語ですが、Thunderbolt 3ポートが持つ機能としては、以下のサイトに載っている情報がわかりやすいかと思います。

5 uses of Thunderbolt 3 USB-C
https://www.dignited.com/37671/5-uses-of-thunderbolt-3-usb-c/

しかし、ここ数年で法人向けに日々の業務で意外にも投資効果が高いのは10Gネットワーク接続への活用です。ノートパソコンに搭載されているSSDが、PCIe NVMe SSDなどの高速なものに置き換わってきたことにより、10Gネットワークへの接続のボトルネックが解消されつつあるからです。

そこで本記事では、「MacBook ProやMacBook Airを使って10Gネットワーク接続がしたい」「ThinkPad、Let’s noteを使って10Gネットワーク接続がしたい」という方に向けて、10Gネットワークアダプターの有用性を改めてご紹介いたします!

Macならドライバーインストールなしで手軽に導入できる、アミュレットの10G ネットワークアダプター

弊社ではThunderbolt 3に接続して使える AKiTiO Thunder3 10G Network Adapter を販売しています。こちらはMacでもWindowsでも使えますが、ドライバーのインストールが必要なため、実際に使い始めるまでにお客様にセットアップのお時間をいただく形になっていました。

しかし、今回新しくなった10Gネットワークアダプター AKiTiO T3-10G では、macOSでのドライバーインストールが不要になりましたそのためThunderbolt 3ポートに接続すればすぐに使えます。
(※ただし macOS 10.13.6 以降でのみ動作します。Windows では引き続きドライバーインストールが必要です)

これは搭載している内蔵チップが iMac Pro (2017) 搭載のものと全く同じ「Aquantia AQC107-B0」になっているからです。

アダプター本体は引き続き長方形で、ラバースリーブが付いています。画像のように取り外して使うこともできます(外したほうがシンプルでかっこいいです)
アップル関連製品のレビューで有名な海外サイト 9to5Mac でも動画で取り上げられています。

本体カラーは少し黒さが増して、最近のMacBookシリーズの「スペースグレー」とほぼ同じになりました。MacBookシリーズの隣に置いても特に違和感はありません。

付属のThunderbolt 3ケーブルも、以前の50cmよりも長い70cmになりました。本体から取り外すこともできるため、取り回しや持ち運びに便利です!

セキュリティ面ではKensintonロックが付いているので、例えば作業用のデスクに設置して複数名で使う時でも安心です。

気になる性能は?ベンチマークを取ってみた

内蔵チップがiMac Pro (2017)と同じものになって、Macでの使用が楽になったのはいいことですが、一番気になるのは性能です。
性能に関しては、自社製品といえども(だからこそ)厳しい目でチェックしてみたいと思います。

最近ではSynology、QNAP、NETGEAR等が10G対応のNASを販売していますが、あいにく弊社内にはまだありません。そこでMac同士またはMacとWindows PCをネットワークストレージ(SMB)に見立てて、macOS 10.14.1 MojaveとWindows 10 Pro 64bitの組み合わせでベンチマークを取ってみました。販売製品ではBootcamp環境での使用はサポートしていないのですが、今回は実験ということで、Bootcamp環境下のWindows 10でも試してみました。

Bootcamp環境で使えるかどうかはかなり微妙なところでしたが、AKiTiO Thunder2 10G Network Adapter でも、新しい AKiTiO T3-10G でも問題なく認識されました。

しかも、AKiTiO T3-10G の場合、Wake on LANに対応していることが確認できました。

ベンチマーク環境の詳細と条件は以下のとおりです。

マシン環境

  • Macbook Air(Thunderbolt 2 搭載モデル)→ AKiTiO Thunder2 10G Network Adapter 使用
    13-inch, Early 2015
    デュアルコア Intel Core i5 1.6GHz
    4GBメモリ(DDR3 1600MHz)
    256GB PCIe SSD(性能は以下 AJA System Test Liteの通り)
  • MacBook Pro(Thunderbolt 3 搭載モデル)→ AKiTiO T3-10G 使用
    13-inch, 2017, Two Thunderbolt 3 ports
    デュアルコア Intel Core i5 2.3GHz
    16GBメモリ(LPDDR3 2133MHz)
    512GB PCIe SSD(性能は以下 AJA System Test Liteの通り)
  • NUC7i5BNH(Thunderbolt 3 搭載モデル)→ AKiTiO T3-10G 使用
    デュアルコア Intel Core i5-7260U 2.2GHz
    8GBメモリ(DDR4 2133MHz)
    250GB PCIe M.2 SSD(性能は以下CrystalDiskMarkの通り)

ネットワーク環境

測定条件1、2


測定条件3、4

各マシンには192.168.0.1と192.168.0.2のIPアドレスを設定し、ジャンボフレーム(MTU 9000)を有効にしています。

ベンチマーク測定条件

ベンチマーク測定条件は以下のとおりです。このあとベンチマーク結果は番号順に見ていきます。

測定条件1

接続元 \ 接続先 MacBook Pro – macOS 10.14.1 MacBook Pro – Bootcamp環境 Windows 10 Pro 64bit
MacBook Air – macOS 10.14.1 ①AJA System Test Lite ②Blackmagick Disk Speed Test 3.2
MacBook Air – Bootcamp環境 Windows 10 Pro 64bit ③CrystalDiskMark 6.0.2 x64 ④CrystalDiskMark 6.0.2 x64

測定条件2

接続元 \ 接続先 MacBook Air – macOS 10.14.1 MacBook Air – Bootcamp環境 Windows 10 Pro 64bit
MacBook Pro – macOS 10.14.1 ⑤AJA System Test Lite ⑥Blackmagick Disk Speed Test 3.2
MacBook Pro – Bootcamp環境 Windows 10 Pro 64bit ⑦CrystalDiskMark 6.0.2 x64 ⑧CrystalDiskMark 6.0.2 x64

測定条件3

接続元 \ 接続先 NUC7i5BNH – Windows 10 Pro 64bit(AKiTiO T3-10G使用) NUC7i5BNH – Windows 10 Pro 64bit(AKiTiO Thunder3 10G Network Adapter 使用)
MacBook Pro – macOS 10.14.1 ⑨Blackmagick Disk Speed Test 3.2 ⑩Blackmagick Disk Speed Test 3.2

測定条件4

接続元 \ 接続先 MacBook Pro – macOS 10.14.1(AKiTiO T3-10G使用) MacBook Pro – macOS 10.14.1(AKiTiO Thunder3 10G Network Adapter 使用)
NUC7i5BNH – Windows 10 Pro 64bit(AKiTiO T3-10G使用) ⑪CrystalDiskMark 6.0.2 x64 ⑫CrystalDiskMark 6.0.2 x64

 

ベンチマーク結果

それでは結果を見ていきましょう。

①MacBook Air – macOS 10.14.1 → MacBook Pro – macOS 10.14.1

まずまずといった感じでしょうか。Thunderbolt 2の10Gアダプターでもかなりの速度が出ています。

②MacBook Air – macOS 10.14.1 → MacBook Pro – Bootcamp環境 Windows 10 Pro 64bit

こちらは①とほぼ同等の結果になりました。Bootcamp環境下のWindows 10でも、速度に影響はなさそうです。

③MacBook Air – Bootcamp環境 Windows 10 Pro 64bit → MacBook Pro – macOS 10.14.1

こちらは10Gbpsの理論値に迫る素晴らしい結果が出ました!!WindowsからmacOSに対しての操作のほうが高速なのかもしれません。。

④MacBook Air – Bootcamp環境 Windows 10 Pro 64bit → MacBook Pro – Bootcamp環境 Windows 10 Pro 64bit

こちらもまずまずの結果です!読み込みと書き込みがともに500MB/s出ているのは嬉しいですね。SATA 6Gb/sの理論値を超える値が出ました。正直両方ともBootcamp環境でここまで速度が出るとは思いませんでした…

⑤MacBook Pro – macOS 10.14.1 → MacBook Air – macOS 10.14.1

10Gアダプターが新しくなると、書き込み速度がグンと上がりました!SATAのSSDと同じくらいの速度が出ています。ネットワーク越しにこれくらいのスピードが出ると仕事が捗りますね。

⑥MacBook Pro – macOS 10.14.1 → MacBook Air – Bootcamp環境 Windows 10 Pro 64bit

 

書き込み速度は500MB/s以上出ています。しかし読み込み速度はそこまで伸びませんでした。

⑦MacBook Pro – Bootcamp環境 Windows 10 Pro 64bit → MacBook Air – macOS 10.14.1

驚くべき結果が出ました…!なんと書き込み速度が10Gbpsの上限に達しています。。受け側の10GアダプターがT3-10Gだったら、読み込み速度ももっと出そうですね。

⑧MacBook Pro – Bootcamp環境 Windows 10 Pro 64bit  → MacBook Air – Bootcamp環境 Windows 10 Pro 64bit

こちらも素晴らしい値が出ています!Bootcamp環境上のWindows同士でも、10Gbpsの理論値に迫る速度が出ることがわかりました。

⑨MacBook Pro – macOS 10.14.1 → NUC7i5BNH – Windows 10 Pro 64bit(AKiTiO T3-10G使用)

読み込み・書き込みともに、非常に速度が出ています!初めて両方800MB/s超えを記録しました。これなら大容量ファイルのネットワーク転送もラクラクですね。

⑩MacBook Pro – macOS 10.14.1 →

NUC7i5BNH – Windows 10 Pro 64bit(AKiTiO Thunder3 10G Network Adapter 使用)

こちらも健闘しています。バランス良く性能を発揮していますが、⑨の組み合わせには及ばなかったようです。

⑪NUC7i5BNH – Windows 10 Pro 64bit(AKiTiO T3-10G使用)→ MacBook Pro – macOS 10.14.1(AKiTiO T3-10G使用)

きました…!!━━━━(゚∀゚)━━━━!!
読み込み・書き込みともに、10Gbpsの理論値限界に達しました!これだけの速度を稼げれば、ファイルコピーにかかる時間のストレスとはサヨナラできそうです。(^_^)/~

⑫NUC7i5BNH – Windows 10 Pro 64bit(AKiTiO T3-10G使用)→ MacBook Pro – macOS 10.14.1(AKiTiO Thunder3 10G Network Adapter 使用)

⑪には及びませんでしたが、十分な速度が出ました!ネットワークアダプターは、チップの性能が重要なんだと再認識しました。

まとめ

ベンチマーク結果を総合してみると、以下の結論に達しました。AKiTiO T3-10Gは過去のいずれの製品よりもパフォーマンスに優れていることがわかりました。

  • 一番性能が出るのは、AKiTiO T3-10GでWindows 10からmacOSにSMB接続する場合である
  • AKiTiO T3-10Gは、書き込み・読み込みともに性能が優れている
  • macOS、Windows 10ともに、AKiTiO T3-10Gが最もバランス良く性能を発揮する

いよいよ新しくなった10Gアダプター販売開始です!

12/10より、本記事で取り上げた AKiTiO T3-10G の販売を開始いたします!

これまでと同様、買ってすぐに使えるようカテゴリ7 LANケーブル(2m)を同梱しております。Thunderbolt 3ポートを使って、事務所で10Gネットワーク環境を構築する際には非常におすすめの製品となっておりますので、この機会にぜひご検討ください!

弊社店頭 42,000円(税込)

オンライン通販(弊社直販) 42,000円(税込)

Amazonマーケットプレイス 期間限定 42,000円(税込)

からお求めになれます。

アミュレットトップページ

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project.