3タイプのWise カードリーダーが、より速く、より使いやすくなりました!


各種CFast 2.0/CFast 1.1/CFast 1.0カードの取り扱いができることでご好評を頂いているWise カードリーダー 、ご使用状況に応じて様々なカードリーダーがラインアップされております。この度「Wise CFast 2.0 カードリーダー USB 3.1 Type-C 」、「Wise CFast 2.0 デュアルカードリーダー USB 3.1 Type-C」、「Wise CSD2 コンボカードリーダー USB 3.1 Type-C」の3タイプがUSB 3.1 Gen 2対応、Type-Cポート搭載と、より速く、より使いやすくなって、新しく発売されました。

今回はこの3つの新モデルのご紹介をさせて頂きます!

Wise CFast 2.0 カードリーダー USB 3.1 Type-C

(CFast 2.0 メモリーカードスロット x1)

Wise CFast 2.0 デュアルカードリーダー USB 3.1 Type-C

(CFast 2.0 メモリーカードスロット x 2)

Wise CSD2 コンボカードリーダー USB 3.1 Type-C

(CFast 2.0 メモリーカードスロット + UHS-Ⅱ対応SDカードスロット)

USB 3.1 Gen 2への対応

USB 3.1 Gen 2はUSB 3.0と比較して次のような特徴があります。

  • 転送速度は理論値でUSB 3.0の2倍、10Gbpsの速さを持つ
  • 最大20V・5A(100W)まで、電力が供給できる
  • ポートは表裏の向きを気にすることなく利用できる
  • USB Type-Cのケーブルを使えばThunderbolt 3ポートでUSBデータ転送ができる

大容量の写真ファイルや動画ファイルを記録することの多いCFast 2.0 メモリーカードをご使用の場合、転送速度は作業効率に大きな影響を与えますので、より高速なUSB 3.1 Gen 2の採用は作業の効率化アップに貢献してくれるでしょう。

USB 3.1 Gen 2の高速な転送速度を活かすためには、パソコン側のUSBポートもUSB 3.1 Gen 2対応である必要がありますが、 USB 3.0との互換性がありますので、従来のパソコンに搭載されているUSBポートでも製品をご利用いただけます。

便利になったType-Cポート採用と付属ケーブル

さらに新しいWise カードリーダー 3タイプに共通な変更として便利になったのは、次の2点です。

  • 背面ポートが USB Micro-B端子からUSB Type-C端子へ変更された
  • 付属ケーブルが、Type-C to Type-C、Type-C to Type-A の2タイプを用意した

背面ポートがUSB Type-C タイプとなったことで、表裏を気にすることなくケーブルを挿すことが可能となりました。スタジオなどの暗い場所や狭い場所などで手探りでケーブルを接続する際、「あれ、こちら側だっけ?反対側だったかな?」と迷うこともありません。

また、Type-C、Type-Aの2タイプのケーブルが用意されていますから、最新機種に多いType-Cポートしか搭載されていないモバイルパソコンでも、 Type-Aポートしか持たない仕事場や自宅の処理能力の高いデスクトップパソコンと、より多くのパソコンにそのまま接続することができます。もちろんコネクタ変換器を持ち歩く必要はありません。

新3タイプの各部を見てみましょう!

見た目はこれまでの製品とほぼ同じで、すべての機種に正面からみて右上にUSB 3.1 Gen 2のロゴが入りました。本体の作りもこれまでと同様に軽量で丈夫なものとなっております。撮影機材などと一緒にカバンに放り込んでも問題ない強度です。(カバンに入れる際は根元から折れる事故が起こらないようUSB 3.1ケーブルは抜いてくださいね)。

ご覧の通り、3タイプ共に背面のポートがMicro BポートからType-Cポートに変更されました。USBポートからのバスパワー給電で動作します。

今回の新しい3タイプのリーダーには2タイプ(Type-C to Type-C、Type-C to Type-A)のUSB3.1ケーブルが付属しております。Macbook ProやMacBook、USB 3.1 Gen 2やThunderbolt 3に対応したWindowsに採用されているUSB Type-CポートにはType-C to Type-Cケーブルを利用し、処理能力の高いデスクトップパソコンなどに採用が多いUSB Type-AポートにはType-C to Type-Aケーブルを利用しましょう。2タイプのケーブルがあらかじめ用意されていますから、コネクタ変換器を用意することなく多くのパソコンに接続することができます!

 

誤消去を防ぐ「ライトプロテクト」機能

Wiseカードリーダーの共通の特徴として「ライトプロテクト」という機能があります。
これは、パソコンと接続する前にオンの状態にしておくと、パソコンからカードリーダーに搭載したメモリーカードへの書き込みを禁止するという機能です。

本体正面、左側のスイッチをオンにした状態でパソコンと接続した場合、パソコンからWise カードリーダー へ取り付けたCFast 2.0 メモリーカードへ対し書き込み操作ができなくなります。これでまだバックアップを取っていないファイルを誤操作で消してしまったり、誤ってカードを初期化してしまったりすることを防ぐことができます!

(撮影現場などで一時的にだけCFast 2.0 メモリーカードをパソコンに接続してファイルを確認する、といった場合はこの機能をオンにしておくと安心ですね。)


Wise CSD2 コンボカードリーダー USB 3.1 Type-Cの場合、上の写真のようにロックスイッチがSDメモリカードスロットの横に位置しています。しかし、このロックは「CFast 2.0 メモリーカードのみ書き込み禁止とする仕様となっており、SDメモリカードには無効です」のでご注意ください。SDメモリカードへの書き込み禁止はメモリカード本体についている書き込み禁止スイッチをご利用ください。


Wise CFast 2.0デュアルカードリーダー USB 3.1 Type-Cの場合は、上のようにロックスイッチが1つしかありません。2枚のCFast 2.0メモリカードを使えますが、書き込みロックが2つのカードにどのように有効であるか検証してみたところ、あくまで「書き込みロックをオンにした状態で挿したカード」に対して動作することが分かりました。

ロックをオフの状態でカード一枚の状態でパソコンと接続し、後からかロックをオンでカードを追加した場合、1枚目は書き込み可能、2枚目は書き込み禁止、といった動作となりますので、こちらもご注意ください。

好評販売中!

今回のブログではUSB 3.1 Gen 2対応しUSB 3.1 Type-Cポート搭載となったWise カードリーダーの新しい3タイプの製品をご紹介をさせて頂きました。

大きな容量の写真ファイルや動画ファイルを取り扱っている場合、撮影後のパソコンへの取り込みは意外と時間がかかるものです。より高速となったWise カードリーダー 新しい3タイプをお客様の環境に合わせてご使用いただき、読み込み時間の節約や作業の効率化などに是非とも役立てていただきたいと思います!

 

 Wise CFast 2.0 カードリーダー USB 3.1 Type-C  ¥8,800(税込)

高速なCFast 2.0 カードを取り扱われている方への商品です。

 Wise CSD2 コンボカードリーダー USB 3.1 Type-C ¥11,000(税込)

カメラの4k化に伴い今後使用することが多くなっていくと間違いなしのUHS-Ⅱ メモリーカードとCFast 2.0メモリカードを同時に使用したいという方への商品です。

 Wise CFast 2.0デュアルカードリーダー USB 3.1 Type-C  ¥11,000(税込)

普段複数の業務などでCFast 2.0 カードリーダーを複数持ち歩いている方、デスクトップを少しでもすっきりさせたい方、ラップトップメインでUSBポートが足りない方など、CFast 2.0 カードを取り扱われている方には「あると便利」な商品です。

 

アミュレット通信販売 /

製品ページ

Comments are closed.

アミュレットトップページ

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project.