toggle
アミュレットは情報の技術でお客様に貢献します。
2020-05-14

手元に置ける本格的PCサーバ「POWERSTEP Cube Server」取り扱い開始のご案内


 

アミュレット株式会社は2020年5月14日より、オフィスでのサーバ運用に最適なPC「POWERSTEP Cube Server (パワーステップ キューブ サーバ)」の発売を開始致します。
 
POWERSTEP Cube Server はオフィスに設置可能な本格的な小型PCサーバです。
 
サーバ用途向けのマザーボードとメモリを採用し、Windows Server、Red Hat Enterprise Linux、Ubuntu 18.04 LTSといったサーバ向けOSや、VMware ESXi、Citrix XenServer、Hyper-V Server等の主要な仮想化環境プラットフォームにも対応しています。安定した処理能力を持つIntel Xeon CPU、速度に優れたNVMe M.2ストレージを採用し、さらにネットワークの高速化に対応できる10Gigabit Ethernetポートを標準で2つ搭載しています。
 
主にオフィス内での運用を想定し、大きさを従来のミドルタワーの半分に、大口径静音ファンにより風量を確保しつつも回転数を抑え、静かな設計になっています。サーバアプリケーションのハードウェア基盤としてご活用いただけるだけでなく、ストレージ、ネットワークインターフェースの高速動作が要求されるネットワークアプライアンス、研究開発用の評価基盤としてもご活用いただけます。
 
本製品は、2016年6月に販売を開始した「POWERSTEP Cube Server」をアップグレードした後継モデルです。
 
◎ リリース概要
会社名: アミュレット株式会社
登記地: 東京都千代田区外神田3ー5ー12
製品名: POWERSTEP Cube Server(パワーステップ キューブ サーバ)
出荷時期: 2020年6月から(ご注文受付は5月14日から)
お問い合わせ先: アミュレット株式会社 法人営業部
住所: 東京都千代田区外神田3ー5ー12 聖公会神田ビル1階
電話: 03−5295−8439
FAX: 03−5295−8424
Email: pc[at]sales@amulet.co.jp
Web: https://www.amulet.co.jp/solutions/custompc/ps-cube-server/
 
◎ 商品コンセプト
POWERSTEP Cube Serverは「手元に置ける本格的PCサーバ」をコンセプトとして、オフィスに設置可能な本格的な小型PCサーバです。サーバアプリケーションのハードウェア基盤としてご活用いただけるだけでなく、ネットワークアプライアンス、研究開発用の評価基盤としてもご活用いただけます。      

◎ 商品特徴
・マザーボードはサーバ用途として安定性の高いSuperMicro社のX11-SDVシリーズを採用、VMWare ESXi 6.7U2、Citrix XenServer 7.2、Red Hat Enterprise Linux 7.6、Windows Server 2019、Ubuntu 18.04 LTSの動作をメーカー側で確認しています。
・CPUはIntel Xeonを採用し、標準モデルでは4コア4スレッド、最大で16コア32スレッドまで選択できます。
・メモリは標準で16GB搭載、DDR4-2400MHz ECC RDIMMを最大256GBまで拡張できます。
・ストレージはOCuLink経由でM.2 NVMe2 SSDを搭載、用途に応じて以下のように拡張できます。
(1) 1x (M.2 NVMe SSD) + 2x (2.5Inch SSD or HDD)
(2) 3x (2.5Inch SSD or HDD)
(3) 1x (M.2 NVMe SSD) + 1x (3.5Inch HDD)
・ネットワークインターフェースは10Gigabit Ethernetポートを標準で2つ搭載、通常のGigabit Ethernetとしても動作します(マルチギガ対応)。
・PCIeスロット(PCI-E 3.0 x8)を1つ自由に使えます、ハードウェアRAIDコントローラ、NVMeストレージ、追加ネットワークインターフェース等、必要に応じて拡張できます。
・USBポート4つ(2x USB2.0、2x USB3.0)、VGAポート、IPMIポートが使えます。
・従来のミドルタワーケースの半分の大きさです。(176mm(H)x222mm(W)x276mm(D))
・標準で450Wの電源(構成によっては650W)を採用し、オフィス用のUPSの電源を利用できます。

◎ 従来品との主な変更点
・マザーボードが新しくなり、CPUとメモリがアップグレードしています。
・従来品はSATA SSDでしたが、本製品はOCuLink経由のM.2 NVMe SSDが搭載され、データアクセス速度が大幅に向上しています。
・より新しいサーバ系OSに対応しています。

◎ 主な用途
・サーバアプリケーションのハードウェアとして
・研究開発用の評価基盤として
・事務所、小規模事業所のサーバとして
・ネットワークアプライアンスとして

◎ キッティングサービス
ご希望のOSインストール、初期設定など、出荷前に当社で必要な設定を行うことで、開梱してすぐにお使い頂けるサービスです。システム構築時間の節約につながります。

◎ 製品入手先
当社見積サイトよりお申し込み頂いたのち、御見積をお送りします。
【POWERSTEP Cube Server】
https://www.amulet.co.jp/solutions/custompc/ps-cube-server/quote/ 

◎ 主要諸元
<POWERSTEP Cube Server 基本仕様>
CPU:Intel Xeon D-2123IT 2.2GHz(4コア8スレッド8MBキャッシュ)
メモリ:16GB (2×8GBDDR4-2133MHz Unbuffered ECC)
ストレージ:256GB M.2 NVMe SSD (OCuLink経由)
ネットワークインターフェース:2×10Gigabit Ethernet
グラフィックス:SoC(Aspeed AST2500)
インターフェース:2×USB 3.0、2×USB 2.0、1×IPMI、1×VGA
対応OS:CentOS 7.x、Ubuntu 18.04 LTS、Red Hat Enterprise Linux 6.x、Red Hat Enterprise Linux 7.x、Windows 10、Windows Server 2016、Windows Server 2019、VMware ESXi 6.7U2、Citrix XenServer 7.2、Hyper-V Server(CentOS 8.x、Ubuntu 20.04 LTSは現在動作検証中です)
サイズ:222mm(W) × 276mm(D) × 176mm(H)
重量:約5.0kg

◎ ハードウェアサポート
購入後1年間の無償センドバック保証
有償で延長サポートあり

◎ 販売価格(税込)
基本仕様で158000円です。
価格は、仕様変更、部品の入手動向によって変化することがあります。

◎ 用語解説
OCuLink
コンピュータの入出力シリアルインターフェース規格であるPCI Express 3.0を通信プロトコルとして採用し、小型のコネクタを持つ外部拡張可能なインターフェースです。PCIe 3.0×4レーンの帯域を利用できます。Thnuderbolt3と異なり、専用のコントローラは必要ないため、高速ストレージのインターフェースとして近年マザーボードに搭載される事例が増えています。 
 
サーバアプリケーション
ユーザやクライアントPCからの要求に応じて、情報発信や演算、加工等、何らかのサービスを提供するプログラムのことを総称しています。例えば、Webサーバ、データベースサーバ、メールサーバ、ファイルサーバ等があります。
 
ネットワークアプライアンス
ネットワーク間で、限定された用途のサービスを提供するプログラムが格納されたシステムのことを総称しています。例えば、ファイアウォール、UTM、VPN、ロードバランシング、ゲートウェイセキュリティ等があります。 
関連記事